Vision Office Bee:

集う-Gather

「Bee:」のBeeとはすでにあるという意味で、「本当は○○したい」というビジョンを一人一人がすでに持っていると私たちは考えています。ただ毎日が忙しく、あるものにしっかりと目を向けずに日々を過ごしてしまっているのではないかと感じています。
これは個人個人だけの問題ではなく、八尾という街もそうだと感じています。八尾にもすでにたくさんの○○が存在しています。
地元を良くしたい若者やおっちゃん社長、市役所職員の方々。聖徳太子ゆかりの勝軍寺や1600年前の心合寺古墳。
また絶滅危惧種と言われている日本バラタナゴという魚。夏の風物詩や唄にもなって、八尾の人は全員と言っていいほど知っている河内音頭。八尾の名産、枝豆に河内木綿。都会に出なくても、大型ショッピングモールで映画が観れたり、可愛い洋服を手に入れることもできます。
また世界に発信できるような技術を持ったものづくりの企業がたくさんあり、2代目3代目と代々続く伝統もあります。さらにテレビで紹介されるような行列のできる人気の飲食店もあります。
この八尾という街は素晴らしい人、素晴らしいもの、素晴らしいサービス、素晴らしい会社があちこちに点々としています。
その○○が、「Bee:」のe;のネイピア数のように、無限に続く数字のように広がっていくことで、○○が広がるような自分のビジョンの設計図が描け、地域、日本、地球へと自分の接点がどんどん広がっていき、誰もが地域や地球の課題(SDGs)に挑戦する設計図を描けるような場所にしたいと感じています。
さらに「Bee:」とはミツバチという英単語でもあります。
ミツバチの巣は六角形で有名ですが、それはハニカム構造と呼ばれています。ハニカム構造は軽量化と強度という特性があり、飛行機の翼や人口衛星、スペースシャトルなどに技術が応用されているほどの素晴らしいもので、ミツバチは分度器も定規も使用せず、最小限の材料で精巧に巣を作る自然界の凄腕の設計士なのです。
こういった点からも、私たちが運営するコワーキングスペース「Bee:」に来ることで、自分自身のビジョンの設計が自然とできるようなお手伝いができる場所でありたいと感じています。
住所 八尾市本町5−1−31
営業時間 【ドロップイン】9:00 〜 17:00  
1時間単位でのご利用となります。
※30分など1時間未満でのご利用時は繰り上げてのご利用とさせていただきます。
【貸切利用】9:00 〜 21:00   1時間単位でのご利用となります。
定休日 土・日(ご利用される場合はご相談下さい)
電話番号 072-970-6609 受付時間 9:00〜17:00(土日を除く)
HP Vision Office Bee:
Instagram Vision Office Bee:
利用の内容はこちら 利用内容

あわせて読みたい